【臨時運行】岐阜バスからJR岐阜駅、名鉄岐阜駅より臨時バスが直通運行

  • 2009/2/27 金曜日 11:31:20

平成21年3月1日(日)から3月14日(土)の谷汲山華厳寺の御開帳期間、
岐阜バスでは、名鉄岐阜駅、ならびにJR岐阜駅からの直通の臨時バスが運行されます。
また御本尊御開帳に伴いまして、
岐阜バスより往復記念乗車券が発売されます。

乗車券名  谷汲山華厳寺御本尊御開帳記念乗車券(1往復分)
有効期間  平成21年3月1日(日)〜3月14日(土)の御開帳期間
金額      大人1,500円(往復) 小人750円(往復)
乗車区間  名鉄岐阜・JR岐阜〜谷汲
発売場所  岐阜バスターミナル、岐阜バスJR案内所
          岐阜バス各営業所、岐阜バス観光各旅行センター

岐阜バス(岐阜乗合自動車)ホームページにて運行時刻表がございます。
 http://www.gifubus.co.jp/

岐阜バス・定期バス案内所 058−266-8822

【1000枚限定】 樽見鉄道『谷汲山御開帳記念乗車券』発売のお知らせ

  • 11:15:28

樽見鉄道では、54年ぶりの谷汲山華厳寺御開帳を記念して、
記念乗車券を枚数限定で発売されることになりました。

発売日 3月1日(日)から
発売額 650円(大垣〜谷汲口片道、1000枚限定、3月31日まで有効)
発売箇所 樽見鉄道大垣駅、本巣駅各窓口

また、同社では54年ぶりの御開帳を記念して、
三木鉄道(兵庫県)で昨年3月まで活躍しました
観光タイプのディーゼルカーが1両導入運行されます。

詳しくは、樽見鉄道ホームページでご確認下さい。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/tarumi-railway/

【54年ぶり】谷汲山華厳寺御本尊御開帳のお知らせ

  • 11:04:25

 この度、西国巡礼中興の祖・花山法皇の一千年忌を迎えるにあたりまして、平成20年9月1日より平成22年5月末までの間、『「覚醒 観世音菩薩 慈悲の心」 −西国三十三所結縁御開帳− 』ということで全札所寺院が総御開帳致します。今回のような全札所揃っての総御開帳は一千年来初めてのことです。

 西国三十三番満願霊場の谷汲山華厳寺では、平成21年3月1日(日)から14日間にわたりまして、秘仏である御本尊の十一面観世音菩薩を昭和30年以来となります54年ぶりに御開帳致します。

 期間中は御本尊御厨子の扉を開きまして、御本尊の御手より結ばれた五色の紐を直接さわることができます。この紐をさわる事によって、御本尊と直接御縁を結び、観音様の御利益をいただくことができます。
 なお、同期間中は山門前の門前街等におきまして、様ざまな催し物が予定されておりますので、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。【詳しくはこちら

【期間】     平成21年3月1日(日)〜3月14日(土)
【開帳時間】   午前9時〜午後4時

【諸注意】
・参拝は外陣からのみとなります。(内陣からの参拝はできません。)
・御開帳期間中の御祈祷や先祖供養は受付のみとなります。(御宝前にて御祈祷した後、後日郵送にて御祈祷護符をお送り致します。)

・御開帳期間中の御朱印は大変混雑が予想されます。

団体でお越しの方は、御朱印帳、掛軸等は代表者の方がまとめて取り扱いをするなどをして、時間に余裕を持ってお越し下さい。

お手数お掛け致しますが、何とぞ御協力の程宜しくお願い致します。

 

西国三十三番満願霊場 谷汲山華厳寺

 

「豊年祈願祭・岐阜県重要無形民俗文化財谷汲踊り」のお知らせ

  • 2009/2/14 土曜日 10:17:58

 毎年2月18日には、種まきや田植えの季節を前に豊作を願う春を告げる祭りであります「豊年祈願祭」が行われ、岐阜県重要無形民俗文化財第1号に指定されている、谷汲踊(たにぐみおどり)が上演されます。
 谷汲踊とは、鳳凰の羽をかたどった4mの竹製の色鮮やかなシナイをくねらせ、胸には太鼓を抱えて叩きながら踊る勇壮な踊りです。
 当日は午前9時30分から華厳寺仁王門にて御祈祷餅の配布も予定されますのでぜひお出かけください。(※お餅は無くなり次第終了となります)

<上演スケジュール>

開催日 2月18日(水) ※雨天・雪中止

◆第1回 11:00 旧名鉄谷汲駅前

◆第2回 13:00 華厳寺仁王門前

◆第3回 14:00 町営門前駐車場

<御祈祷餅進呈>

◆ 9:30〜 谷汲山華厳寺仁王門前 (※お餅は無くなり次第終了となります)

【問い合わせ】

主催:(社)谷汲観光協会 0585-55-2020 

後援:(財)地域伝統文化芸能活用センター、揖斐川町、(社)岐阜県観光連盟

【54年ぶり】谷汲山華厳寺御本尊御開帳のお知らせ

  • 2009/2/4 水曜日 16:01:07

 この度、西国巡礼中興の祖・花山法皇の一千年忌を迎えるにあたりまして、平成20年9月1日より平成22年5月末までの間、『「覚醒 観世音菩薩 慈悲の心」 −西国三十三所結縁御開帳− 』ということで全札所寺院が総御開帳致します。今回のような全札所揃っての総御開帳は一千年来初めてのことです。

 西国三十三番満願霊場の谷汲山華厳寺では、平成21年3月1日(日)から14日間にわたりまして、秘仏である御本尊の十一面観世音菩薩を昭和30年以来となります54年ぶりに御開帳致します。

 期間中は御本尊御厨子の扉を開きまして、御本尊の御手より結ばれた五色の紐を直接さわることができます。この紐をさわる事によって、御本尊と直接御縁を結び、観音様の御利益をいただくことができます。
 なお、同期間中は山門前の門前街等におきまして、様ざまな催し物が予定されておりますので、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

【期間】     平成21年3月1日(日)〜3月14日(土)
【開帳時間】   午前9時〜午後4時

【諸注意】
・参拝は外陣からのみとなります。(内陣からの参拝はできません。)
・御開帳期間中の御祈祷や先祖供養は受付のみとなります。(御宝前にて御祈祷した後、後日郵送にて御祈祷護符をお送り致します。)

・御開帳期間中の御朱印は大変混雑が予想されます。

団体でお越しの方は、御朱印帳、掛軸等は代表者の方がまとめて取り扱いをするなどをして、時間に余裕を持ってお越し下さい。

お手数お掛け致しますが、何とぞ御協力の程宜しくお願い致します。

 

西国三十三番満願霊場 谷汲山華厳寺