往年の旧名鉄谷汲線・紅白電車を再現した「谷汲らくらく参道バス」の運行始まる

  • 2008/6/9 月曜日 9:48:29

 揖斐川町は6月2日から、谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ、同町谷汲徳積)の参道で、乗車無料の「谷汲らくらく参道バス」の運行を開始した。乗車できるのは原則として高齢者と体の不自由な身体障害者や妊婦など、長い参道を歩くのが大変な人たち。起点の旧名鉄谷汲駅前広場で5月31日出発式が開かれ、地元関係者ら30人が出席。宗宮孝生町長らがテープカットした。  

 車椅子用リフト付きマイクロバスを使用して、旧名鉄谷汲駅前から谷汲観光プラザ・町営駐車場を経由して谷汲山華厳寺仁王門前までの約1キロを徒歩程度の速さで走る。途中の降車も可能で、定員は車椅子利用者2名を含む17名まで乗車可能。

 参道が込み合う正月や花見、紅葉の最盛期を除く平日、旧駅前を午前9時半〜午後3時に出発する計8便を運行する。所要時間約15分。

 デザインは、旧名鉄谷汲線を走っていた通称・赤白電車の「モ514型」をイメージし、パンタグラフを付けたレトロ調のものを採用した。マイクロバスの外観は、お馴染みの赤白を基調にして、側面に丸窓を再現。前面には「谷汲」の目的地プレートや前照灯も。掲げられた製造番号「514」に合わせて、実際の車のナンバーまで同数字にそろえた。内装は木目調で、木製の長いすを設置。通常の車のクラクションのほか、スピーカーから電車の警笛音も流れる。

 (問合わせ) 揖斐川役場商工観光課  0585ー22ー2111

「徳山ダム号」ゆりコース運行のお知らせ

  • 2008/6/1 日曜日 21:39:37

揖斐川上流に建設された貯水量日本一を誇る巨大な「徳山ダム」、1,200年の歴史を刻む西国三十三番満願霊場として知られる「谷汲山華厳寺」、日本5大ユリ園に選ばれた「谷汲ゆり園」の揖斐川町の見所を一度に満喫できる周遊バスが運行されます。

運行日:6月   8日(日)、14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、27日(土)、28日(日)

7月  6日(日)、13日(日)        ※以降の運行は下記へお尋ねください。

出発地:  養老鉄道揖斐駅バスターミナル集合出発(9時50分発)

到着地:       〃                    (17時50分頃)

参加費用: 大人1、000円  子供500円

(諸注意)

・参加費用には食事代、ならびに施設への入場料は含まれておりません。

・運行日には1日1便のみ運行、最大定員は45名です。

・子供(参加費用)は6〜12歳となります。6歳未満であっても座席を座席を占有される場合には参加費用が必要となります。

・悪天候、天災等で運行が中止、またはルートが変更する場合があります。

(予約先)

:   名阪近鉄バス(株)乗合バス営業部 TEL:0584−81−3326(9時〜17時)

(お問合せ)

:  揖斐川町観光連盟 TEL:0585−22−2111(平日9時〜17時)

:  養老鉄道株式会社

:  徳山ダム

:  谷汲ゆり園